活動報告

JMACは1991年より活動を開始し、
技術講演会や各種のセミナーを実施してまいりました。

2016年内部音響解析実習基礎セミナー

2016年7月22日(金)中央大学後楽園キャンパスにて開催しました。

活動風景 活動風景



1.「音響モードの基礎」
音響管端部の境界条件による定在波と音響固有周波数および音響モードについて解説
2.「音響管を使った音響モード実験実習」
音響モードの計測原理と実験方法の解説,および音響モード実験実習と理論値との比較.共鳴を低減する実験実習.
3.「有限要素法の理論説明」
音響解析の種類,波動理論,有限要素法の理論と特徴について解説
4.「有限要素法による音響モード解析の実習」
実験実習で使用した音響管の数値モデルを用い,境界条件の確認,数値モデルの検証,共鳴を低減する解析の実習
5.「快音設計の事例紹介」
快音設計の考え方と具体的事例について解説
講師:戸井 武司 [中央大学],松村 晋介 [A&D],桑田 祐希 [東陽テクニカ],有光 哲彦 [中央大学],朴 成鋒 [シーメンス]
 
このページの先頭へ